特定非営利活動法人 がん政策サミット

日本のがん医療・療養生活の均てん化
(全国あまねく最上の医療が実現し、生活の質等が保たれていること)を目指し、
当事者主体の政策議論の場と役立つ情報を提供します。

第18回がん政策サミット2020 参加者用ページ

●プログラム

第18回がん政策サミット2020 プログラム

●当日講演資料

「がん対策推進基本計画の現状と課題について」

厚生労働省 健康局 がん・疾病対策課長 古元重和さん

「患者体験調査報告」

国立がん研究センター がん対策情報センター がん臨床情報部長 東 尚弘さん

「他領域での計画評価の実例」

東京大学高齢社会総合研究機構 松本佳子さん

「滋賀県の患者体験調査について」

滋賀県 菊井津多子さん、天満清央さん

「患者の政策立案参画」

山梨県 若尾直子さん

「奈良県の見える化プロジェクト」

奈良県 浦嶋偉晃さん

「がん政策サミット・趣旨説明」

特定非営利活動法人がん政策サミット 理事長 埴岡健一

「がん計画評価のために知っておきたい用語・がん政策サミツトのご紹介」

第18回がん政策サミット2020プレセッション

「患者を良くするがん計画の評価を、みんなで分かりやすく実行しよう !!」

ワークの概要、①整合性評価、②実行評価、③効果評価、④費用対評価効果、➄総合評価

「データの探し方、読み取り方」

特定非営利活動法人がん政策サミット 理事長 埴岡健一

●資料A、資料D

お手元には、「がん政策サミット版いいとこ取りロジックモデル」のアウトカム部分と、各県の施策を組み合わせた資料をお送りしています。

参考: がん政策サミット版いいとこ取りロジックモデル

●資料B①

早期発見・検診分野の指標一覧

●資料B②、E②

評価支援シートの説明

評価支援シート付がん対策地域別データ集

2020/11/4説明文の修正をいたしました。データ値の変更はありません。

  • 早期発見分野の評価を行う方:部位別の合算が地域の現状となりますが、主な部位別に(特に地域で課題が大きい部位)を確認することが重要です。胃、大腸、乳、肺がんの4種についてご用意しましたので、4種あるいは地域で大きな課題となっている部位のデータをご確認ください。
  • 医療提供体制分野の評価を行う方:どのファイルを使っていただいても結構です。部位に限らない共通事項が確認できます。生存率部分だけは部位別に異なるので4種すべてあるいは確認したい部位をご参照ください。

●資料C①②③

ひとつの施策/事業を評価するためのロジックモデル 早期発見・検診分野

●資料E1

医療提供体制分野の指標一覧

●資料F①②③

ひとつの施策/事業を評価するためのロジックモデル 医療提供体制分野

●資料G

データ関連資料の関係/アウトカム指標値の探し方

●資料X

がん計画: 評価作業シート

PageTop
このページは作成中です。
しばらくお待ちください。