特定非営利活動法人 がん政策サミット

日本のがん医療・療養生活の均てん化
(全国あまねく最上の医療が実現し、生活の質等が保たれていること)を目指し、
当事者主体の政策議論の場と役立つ情報を提供します。

がん計画のPDCA

■「改訂! 誰にでもできる! がん計画の作り方」

この資料は、WHOやUICCなどから公開されているがん計画の策定手順にのっとって、事務局が作成しました。現状を知り、目標を設定して計画を策定し、施策を実行して評価する、というPDCAサイクルを回せる計画に仕上げる手順をご提案しています。

■参考ロジックモデル

「患者に届くがん計画にするために」に論理整合性をロジックモデルで確認することが有効であると考えています。国と都道府県のがん計画をロジックモデルに落とし込んでみました。ただし作業者によって、アウトカムの拾い方などが異なってくる部分がありますので、一例としてご参照ください。

■分野別指標マップ例

がん対策を評価する指標の例を、ロジックモデルに当てはめることを試みた表。情報源: 「指標に見るわが国のがん対策」がん対策における進捗管理評価指標の策定と計測システムの確立に関する研究, 国立がん研究センターがん対策情報センター(平成27年11月)、都道府県2期計画中間評価

http://cpsum.org/pdf/ccontrolindex1606.pdf

■がん対策地域別データ集

患者視線中心のがん計画の策定・評価のプロセスの中で、地域別のデータを把握することは、重要な位置を占めます。様々な関係資料のデータを一つのシートにまとめたデータベースを作成し提供しています。各種限界等もございますので、必ず注意書きを読んだうえでご活用ください。

http://cpsum.org/ccm

■「六位一体」で政策議論を進めるためのガイド

この資料は、「六位一体」で行う議論の進め方について、「がん政策サミット」で学んだ知恵を、有識者の知見と合わせてまとめたものです。地域でがん対策に取り組む方々が、次期計画に関して議論するシーンを想定しています。(がん対策はもちろん、他の領域でもご活用いただけば幸いです)。

http://cpsum.org/msdguide

PageTop
このページは作成中です。
しばらくお待ちください。